水素水の正規販売店・設置取扱い店 | アレイエンジニアリング

06-6946-7530
10:00〜18:00

水素水サーバー比較

水素水サーバーの性能や料金、一般的なウォーターサーバーとの違いをまとめてみました!

ウォーターサーバーとの値段比較

やはり、気になるのがお値段ですね。私達が販売する水素水サーバーは水道水を電気分解し生成しますので、沢山飲めば消耗品を算入しても単価は下がる傾向にあります。水素水サーバーは一括買い取りと言う初期投資は発生します、普通のウォーターサーバーはレンタルが主な支払方法です。日に5L毎日飲むとして1日単価を算出してみましたので参考にしてみて下さい。
一般家庭で消費される量では「水素水サーバーが安い!(価格は変わらない!)」です。
日に20L飲まれるようなオフィスなどでは2倍以上の差をつけ水素水サーバーは有利になってきます。

本体価格・レンタル料 1日あたりの費用(5L)
い〜水H2
取扱い中の、平均的な水素水サーバー
本体 489,000円
サーバー本体
447円
消耗品・水代
80円
合計
527円
一般的なウォーターサーバー レンタル代月額1,000円
12Lボトル / 1,350円
サーバーレンタル代
33円
消耗品・水代
565円
合計
598円

味の比較

そもそもおいしい水とは?

実は厚生労働省から水質基準などと「おいしい水」の要件等の水質目標と言う資料がでています。水の味は含まれる成分により変わります。
味の感じ方には個人差があり、あくまで目安と思ってください。

ミネラル成分 30~200 mg/L
硬度 10~100 mg/L
残留塩素 0.4 mg/L 以下
ph 6~7.5

引用元:厚生労働省「水質基準等と「おいしい水」の要件等の水質目標(案)」

水素水は美味しいの?

私達の販売する水素水サーバーは高性能フィルターが水道水に含まれる程度の放射性物質までも除去します。 その中のRO膜フィルターにより純水まで浄化され、ミネラル・残留塩素についてはほぼ無くなります。超軟水で中性のお水を電気分解し、水素を含ませております。

ではなぜ純水まで浄化するのでしょうか?
不純物(ミネラル等)が入ったまま電気分解すると電極に不純物は付着し十分な水素を含めなくなります。新しいうちは規格通りの値がでていてもしばらく使うと水素濃度が激減なんてことも、水素水サーバーも色々です。

味を大きく左右するミネラルを取り除くので無味無臭のお水に変わります。

性能・料金比較

それぞれの機種についてコストを算出してみました、参考にしてください。

製品名 水温 電気代/月 メンテナンス費/月 本体費用 水代/月 3年間の費用
い〜水H2
い〜水H2
HWP-100WSG
コールド
ホット
650円 6,390円 489,000円 1,095円 743,535円
い〜水H2 mini
い〜水H2 mini
HWP-200WWD
コールド
常温
250円 6,240円 398,000円 1,095円 632,735円
い〜水H2 HHC
い〜水H2 HHC
HWP-310WWS
コールド 250円 6,730円 398,000円 1,095円 650,375円
い〜水H2 ファミリー
い〜水H2 ファミリー
HWP-500PW/
HWP-500SW
常温 100円 6,560円 248,000円 1,095円 487,760円
一般的な
ウォーターサーバー
コールド
ホット
〜1,000円 450円 月々のレンタル
〜1,000円
615,940円
12L 1350円の
ボトルで計算
704,140円